独立行政法人会計 - 岡本義朗

岡本義朗 独立行政法人会計

Add: hivigo79 - Date: 2020-11-21 19:43:07 - Views: 3086 - Clicks: 5703

独立行政法人 : その概要と問題点 フォーマット: 図書 責任表示: 福家俊朗, 浜川清, 晴山一穂編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論社, 1999. 5 Description: 428p ; 22cm Authors: 岡本, 義朗(1959-) Catalog. 岡本義朗 梶川幹夫 橋本考司 英浩道【著】 東洋経済新報社 /05/24出版 428p 21cm(A5) ISBN:NDC:317. 11 形態: xiv, 203p ; 21cm 著者名:. 「独立行政法人会計」(共著)東洋経済新報社 年 「独立行政法人の創設と会計上の論点について」 公益法人研究学会誌Vol. 11 形態: xiv, 203p ; 21cm 注記: 共同執筆者: 川村祐三ほか 著者名: 独立行政法人 : その概要と問題点 フォーマット: 図書 責任表示: 福家俊朗, 浜川清, 晴山一穂編 言語: 日本語 出版情報:.

独立行政法人における事後評価型業務運営の確立に向けて : 英国,ニュージーランド,カナダの比較研究から得られる示唆 著者 高崎正有他 出版者 会計検査院 出版年月日掲載雑誌名 会計検査研究. 独立行政法人会計 フォーマット: 図書 責任表示: 岡本義朗ほか著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東洋経済新報社,. まず、独立行政法人の制度設計における本来の趣旨を確認します。法人は、平成13年1月の中央省庁等改革の一環として導入されました。中央省庁等改革の基本的な考え方は、政策の企画立案部門と実施部門を分離し、それぞれに適切な管理運営体制の確立を目指すものでした。中央省庁は企画立案に専念させ、企画立案部門としての能力の向上を図る一方で、実施部門は中央省庁から切り離し、独立行政法人として法人格が与えられました。法人には、主務大臣の目標管理の下で、一定の業務運営に関する裁量が与えられ、政策実施機能の向上が図られました。 独立行政法人は「国民生活及び社会経済の安定等の公共上の見地から確実に実施されることが必要な事務及び事業であって、国が自ら主体となって直接に実施する必要のないもののうち、民間の主体にゆだねた場合には必ずしも実施されないおそれがあるもの又は一の主体に独占して行わせることが必要であるもの」(独立行政法人通則法第2条第1項)を行う主体です。乱暴な言い方ですが、民間企業等に任せたのでは必ずしも提供される保証はないが、その公共性から確実な提供が望まれる業務を実施するために、独立行政法人という受け皿が用意されました。 独立行政法人の制度設計の基本理念は、次の四つにまとめられます。 第一は、組織の独立性です。前述の中央省庁等改革の基本的な考え方(政策の企画立案と実施の分離)に基づきます。企画立案の主体としての国(中央省庁)には、政策を適切に立案する責任を負わせました。一方、実施主体としての独立行政法人には、国が立案した政策の確実な執行の責任を持たせました。両者に期待する役割と機能が異なることから、組織的に分離させたというわけです。 第二は、業務の公共性です。国が適切に立案した政策を執行する独立行政法人には、その公共性故に業務の確実な実施が求められるという考え方です。必ずしも市場性がない業務を提供する法人には、市場による規律が働きません。そのような法人に対しては、国によって明確な目標が設定されなければなりません。ただし、独立行政法人の自主性・自律性への配慮から、法人の経営への国による関与は必要最小限にするとの考え方が採られました。 第三は、経営の自主性・自律性です。どのように業務を提供するかは、当該業務を一番よく知る独立行政法人に委ねるとの考え方です。法人の長に広い裁量を与える. 独立行政法人 : その概要と問題点 資料種別: 図書 責任表示: 福家俊朗, 浜川清, 晴山一穂編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論社, 1999. Bib: BAISBN:.

7 bsh : 独立行政法人 bsh : 会計: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ドクリツ ギョウセイ ホウジン トワ ナニカ : アラタナ コウカイケイ セイド ノ コウチク. jp: 独立行政法人会計: 義朗, 岡本, 考司, 橋本, 幹夫, 梶川, 浩道, 英: 本. 7 BSH : 独立行政法人 BSH : 会計: Reading of Title: ドクリツ ギョウセイ ホウジン トワ ナニカ : アラタナ コウカイケイ セイド ノ コウチク: Reading of Alternative Title:. Amazonで岡本 義朗の独立行政法人の制度設計と理論。アマゾンならポイント還元本が多数。岡本 義朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 独立行政法人会計 - 岡本義朗 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 平成26年6月、第186通常国会で重要な法律「独立行政法人通則法の一部を改正する法律」が可決成立しました。これは、平成25年12月の閣議決定「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」のうち、独立行政法人の制度面の改革について、法制面の手当てを行ったものです。この法律にのっとり、平成27年4月から独立行政法人制度は一新され、再スタートすることになります。 今回の改革は、平成13年1月に中央省庁等改革の一環として導入された独立行政法人制度の、初めての抜本的見直しです。制度発足から10年超が経過し、その間に顕在化した種々の問題点について、きめ細かく制度改革を施しました。また、今回の改革にたどり着くまでの長い経緯があります。独立行政法人改革は、第1次安倍内閣で制度、組織全般にわたる改革に着手して以来、政権交代の前後2度にわたり改革法案が国会に提出されましたが、政局に絡む混乱の中、2度とも審議未了廃案となった不幸な経緯があります。 第2次安倍内閣では、独立行政法人改革について、本来の趣旨にのっとり、更なる制度改革を行うとうたわれました。本稿では、今回の改革を正しく理解するため、まず、独立行政法人制度の本来の趣旨を確認します。そして、現行の法人制度について、10年超の実務経験から指摘されていた問題点を整理します。その上で、独立行政法人改革の意義とポイントを解説し、今回の改革が成功するのかについて、私見を述べます。. 岡本 義朗 新日本有限責任監査法人エグゼクティブディレクター 長村 彌角. 2 年 「独立行政法人における事後評価型業務運営の確立に向けて-英国、ニュージーランド、カナダの比較研究から得られる.

独立行政法人会計/岡本 義朗(経済・ビジネス) - 年4月にスタートした独立行政法人の財務会計制度を概説し、その趣旨から会計制度、実際の仕訳までを基準策定実務担当者により解説。. 最後に、今回の改革で法人は変わるのかという点について、私見を述べます。 今回の改革は、独立行政法人制度の本来の趣旨に立ち返った抜本改革です。これまでの法人制度改革における議論の集大成です。ただ、今回の改革を成功に導くためには、一つ重要なピースが欠けていると考えます。それが、政策のPDCAサイクルを自己完結させるための工夫です。すなわち、法人の業績評価の結果を予算に反映させる仕組みが担保されていないと考えます。今回の改革では、業績評価の結果を主務大臣の予算要求に反映するとしているだけで、評価結果を予算に反映することまでは担保されていません。しかし、評価結果の予算への反映が担保されない限り、経営資源の配分につながらず、政策のPDCAサイクルは完結しません。 現行制度における独立行政法人の課題の一つとして「法人制度が予算など国の諸制度の運用等に影響を受けていることから、制度本来の趣旨が実現できていない」という点を指摘しました。まさしく、国の予算制度の在り方が、法人制度の本来の趣旨を実現することを阻んでいる例ではないでしょうか。その意味で、独立行政法人改革を成功させるためには、単に法人制度の改革にとどまるのではなく、関連する国の諸制度を一体として見直していく必要性があると考えます。その最たる例が、予算制度の改革だと考えます。. 研究開発と独立行政法人制度 平成25年10月23日(水) 新日本有限責任監査法人 エグゼクティブディレクター 岡本義朗 資料2. 2 独立行政法人の創設について 報告:岡本義朗氏(中央省庁等改革推進本部) 平成11年4月27日、「中央省庁等改革推進に関する方針」が中央省庁等改革推進本部(全閣僚により構成)で決定された。. 独立行政法人に対する国の適切な関与と独立行政法人の裁量のあり方ついて検討を行った。 本稿は、次のように構成されている。 まず次節では、独立行政法人についての概要等を. 独立行政法人とは何か: 主題: 会計; 独立行政法人: 分類・件名: ndc8 : 335. このような独立行政法人が抱える課題について、制度本来の趣旨に立ち返り、抜本的に解決しようとしたのが、今回の制度改革です。その意義は、次の3点にあると考えます。 今回の改革の主なポイントは、次のとおりです。 第一に、政策のPDCAサイクルを機能させるという観点から、独立行政法人の目標管理・評価の仕組みが変更されます。主務大臣の下で政策のPDCAサイクルを強化するため、主務大臣から法人へ目標を付与することに加え、主務大臣自らが業績評価を行う仕組みとなります。評価主体が第三者から主務大臣に変更されることが留意点です。その上で、主務大臣による評価の客観性の確保と、政府全体としての整合性の確保という観点から、第三者機関が評価結果を点検する仕組みが導入されます。 第二に、独立行政法人の業務運営を改善する仕組みが強化されます。法人の長の下で、自律的なPDCAサイクルを機能させるため、法人の内部ガバナンスについて、役員の責任の明確化と、監事・会計監査人の機能強化に加え、内部統制システムの構築が義務付けられます。 第三に、財政規律を確保するための改善がなされます。財政規律の確保に関しては、独立行政法人の自主性・自律性を前提に、予算執行を弾力化するとともに、説明責任と透明性の向上を図り、いかに両者をバランスさせるかがポイントだと考えます。その観点から、運営費交付金に関して、事前に使途が特定されない基本特性を維持しつつも、今後は各法人の事業等のまとまりごとに、予算の見積もりと執行実績を明らかにすることになります。そして、見積もりと実績に著しい乖離(かいり)がある場合には、理由を説明しなければなりません。また、法人の会計基準に関して、法人会計の基本である損益均衡の仕組みを維持しつつも、運営費交付金の収益化について事業別に区分された情報を充実するとともに、原則として業務達成基準を採用することを義務付けます。加えて、法人での管理会計の活用により、自律的マネジメントの実現を図ることが期待されます。さらに、法人は、業務運営や予算要求等への業績評価結果の反映状況について、毎年度、公表することになります。 第四に、業務の特性を踏まえた法人類型が導入されます。各法人の業務の特性や実態を踏まえて組織の在り方を見直すとの観点から、法人を一律に規律する現行制度を見直し、業務の特性を踏まえて法人を分類しま. 【tsutaya オンラインショッピング】独立行政法人会計/岡本義朗 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本.

独立行政法人化問題主要サイト: p261-262: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ゲキシン コクリツ ダイガク : ドクリツ ギョウセイ ホウジンカ ノ ユクエ: 著者名ヨミ: イワサキ, ミノル オザワ, ヒロアキ. 主題: 独立行政法人: 分類・件名: ndc8 : 335. 中央大学出版部. 5 形態: 428p ; 22cm 著者名: 岡本, 義朗(1959-) 書誌ID: BA51850276. 研究開発と独立行政法人制度 平成25年10月23日(水) 新日本有限責任監査法人 エグゼクティブディレクター 岡本義朗 新たな研究開発法人制度創設. 現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会財政制度分科会 > 答申・報告等 > 「独立行政法人会計基準」の改訂について(14. なため確約はできませんが、当日の条件が合えば、行政 の内閣参事官より、基調講演を頂くことも予定しています。 (予定) (5分) の確認(45分) エグゼクティブディレクター岡本義朗 「政策評価・独立行政法人評価委員会」臨時委員、内閣.

7 bsh : 独立行政法人: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ギョウセイ カイカク ノ シャカイ ケイザイ エノ エイキョウ ニ カンスル チョウサ ケンキュウ : ドクリツ ギョウセイ ホウジン セイド ノ ソウセツ. 1)独立行政法人制度については,独立行政法人制度研究会編(),宮脇・梶川(),岡本信一(),並びに岡本・梶川・ 橋本・英()等の制度設計担当者による著作において詳しく解説されている。. See full list on eyjapan. 日本公認会計士協会 公会計委員会. 独立行政法人の制度設計と理論 - 岡本義朗 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 独立行政法人制度のあり方について -独立行政法人の「過去」、「現在」及び「未来」- 年9月28日 UFJ総合研究所主席研究員 岡本義朗 (E-mail: 独立行政法人とは何か: Subject: 会計; 独立行政法人: Classification / Subject: NDC8 : 335. 岡本義朗 独立行政法人会計 : 岡本義朗 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。.

東洋経済新報社,. ドクリツ ギョウセイ ホウジン カイケイ. 独立行政法人の創設と会計上の論点について 岡本義朗 公益活動における継続事業の概念 小宮 徹 非営利組織の評価の課題 石崎忠司 公益活動の歴史的展開−大航海時代から大公開時代へ− 守永誠治 公益法人にも国際化の洗礼を 若林茂信. (26) 提供制限 インターネット公開 原資料(url). 独立行政法人会計 Format: 独立行政法人会計 - 岡本義朗 Book Responsibility: 岡本義朗ほか著 Language: Japanese Published: 東京 : 東洋経済新報社,. 2 &92;3,800 (税込&92;4,180).

専門部会長 (有限責任監査法人トーマツ パートナー) 冨樫 高宏. 独立行政法人会計基準の見直しについて Ⅰ 見直しの背景 会社法の施行により貸借対照表の表示について、「資本の部」を「純資産の 部」に改める等の改正が行われた。このため、独立行政法人会計基準に関連. 日本公認会計士協会 公会計委員会 独立行政法人・国立大学法人等専門部会.

岡本義朗ほか著.

独立行政法人会計 - 岡本義朗

email: imehudu@gmail.com - phone:(534) 685-6425 x 9604

鈴木出版のYA翻訳絵本セット 全2巻セット - カディール・ネルソン - 鈴木大拙 宗教経験の事実

-> 地獄と極楽浄土 至宝の絵図で解き明かす!
-> 民主主義の国際法 - 桐山孝信

独立行政法人会計 - 岡本義朗 - Wonderful 江口哲史 自然科学研究のためのR入門


Sitemap 1

都市近郊農家 地主の相続税・贈与税 - 清田幸弘 - 薔薇の喪失 横内ひとみ歌集 横内ひとみ